店長のひとりごと:実話「間違いなく売れます!」 | 蕨市・川口市・戸田市・さいたま市南区の不動産はセンチュリー21 エス・コーポレーション

  • よくある質問
  • お問い合わせ
エスコーポレーションへようこそ
  • 店長のひとりごと:実話「間違いなく売れます!」

    こんにちは皆様、店舗代表の石橋でございます。

    こちらでは、ご売却にまつわる実話をつぶやきたいと思います。

    ご夫婦で頑張られた新婚時代・・・

    お子さまが生まれたとき・・・

    お子様が成人されたとき・・・

    さまざまな状況が起きたであろう、今までのご自宅。

    大切な我が家を売りに出すのは、例え次に新しい家が待っていようとも、何とも言えないお気持ちになられるのではないでしょうか?

    そんな我が家を気持ちよく、なるべく高く売却したいと言うのが、みなさまの共通したご意見だと思います。

    不動産会社にご自宅の価値をお聞きになる、つまり査定をする際、「どこに依頼しようか?」と、とてもご判断に迷うことだと思います。

    通常は何社さんかに査定のご依頼をされると思いますが、各社さん様々な回答だと思います。

    口頭でお答えになるところ、A4サイズ一枚程度の書類にまとめてくるところ、根拠に基づいてしっかりとした査定書を提出してくるところ・・・

    「根拠」

    とても大事です。

    特に不動産って、二つ同じものはありませんから、類似したデータや経験則、そのエリア特性の市況動向などなど様々な角度から「相場」を導く訳です。

    ですが、お客様の一番知りたいことは「本当はいくらで売れるの?」ということだと思います。この「本当は」という部分、すごく大事だと思います。

     

    ここで、私が体験した実話をお話致します。

    あるお客様、ここではA様ご主人様とさせて頂きます。

    A様は私から新居をご購入頂いたお客様です。

    「購入を先行させて、じっくり今の家を売りたい」「住んでいるときに誰かに家の中を見てほしくない」というご要望から、新居お引越し後にご売却活動を始める・・となっておりました。

    モチロン、私を一番手の販売先として考えて頂いておりましたが、他社の査定も聞きたい、とのご要望から数社の査定を受けられました。(すべていわゆる大手さんです。他社様を悪く言えませんので、イニシャルでM、N、Yとさせて頂きます。)

    数社の査定後の結果の、電話でのやりとりをご覧ください。

    A様ご主人「いや~、ひどいね石橋君。ウチを安く売ろうとしたね?」

    私「え!?なんのお話でしょうか、ご主人様?」

    A様ご主人「この間、●●●●●●●さんで査定してもらったら、OOOO万円で出てきたよ。ほかの所も、そこまでの価格じゃなかったけど石橋君のところより高く出てきたよ。石橋君のところでもその金額で本当は出来るんじゃないの?」
    ※守秘義務がありますので具体的な数字は出せませんが、私の査定より各社10~20%ほど高い数字が出たそうです。

    私「ご主人様、私の査定にはお付けした資料やお話のとおり、根拠がございます。不動産には掘り出し物はございませんし、まぐれで高い数字でご売却できるものではございません。本当にその数字で売れるのであれば、そちらの会社さんでご依頼された方が絶対よろしいです。なにより、もしこれで「とりあえず他社さんと同じその数字でやります」と言いましたら、私の査定自体が最初からウソの数字になってしまいますし、A様にとってもよろしくありません。」

    A様ご主人「いや~、営業の人が「この数字なら間違いなく売れます!」っていってくれてるから、今回は悪いね。」

    私「とんでもございません。気持ちのいいご売却を私もお祈り申し上げております。
    ・・・私は本当にウソをついておりません。もし、ご主人様にイヤなお気持ちにさせてしまったら本当に申し訳ございません。」

    ・・・そのようなやり取りから3か月。A様のご主人様からご連絡がございました。

    A様ご主人「いや~、石橋君聞いてよ!●●●●●●●さんさ~、結局売れなくて「今度の販売契約の更新の時に価格を下げてくれ」って言ってきたんだよ。その価格が最初の石橋君の査定額より低いんだよ。やんなっちゃうよな~。・・・それでさ、ウチ売ってくれる?」

    私「ありがとうございます。もちろんです!お任せ下さいませ!」

    その後、期間は大体2か月ほど掛かりましたが無事ご成約に至り、A様とはご紹介を頂いたりと今でも良いお付き合いをして頂いております。

    ※写真はイメージです。

    その会社さん自体が買い取る金額が単純に比較して高いならば良いのですが、相手がある仲介でのご売却は、そうはいきません。

    売主様からすれば「不動産のプロである不動産会社が売れるって言っているなら、高く言ってくれているところに任せよう」と思われることは当然です。

    それにつけ込むように、相場より高い金額で査定をお出しして、一度ご売却の契約を頂いておいて、いざとなると価格をどんどん下げていくように売主様に言ってくる・・・という営業さんが多いことは、お客様からのお話をお聞きすると、残念ながら事実のようです。

    また、ご売却期間中の売れないストレスというのは想像以上のものがございます。

    「間違いなくこの金額で買うと言っているお客様がいます!」

    という言葉以外は、実際は販売してみないと分かりません。

    これは私の勝手な経験からの統計ですが、「気持ちの良いご売却が出来るときは、気持ちの良い売主様であること」が100%です。

    売主様の今まで積み重ねてきた大切な財産を扱わせていただく責任が不動産会社にはあると思います。

    不動産はご縁ものですので、どのような買主さまとお引き合わせが出来るかどうか・・

    全力でお手伝いをさせて頂きますので、よろしければ弊社をご使用くださいませ。

    思わず「間違いなく売れます!」と言ってしまったら、本当にすみません(笑)

Copyright (C) S-corporation All Rights Reserved.